「黒ワイン」と呼ばれるほどに色が濃く、力強く濃厚な味わいを特徴とするフランスのカオールや、アルゼンチンを代表する黒ブドウ品種であるマルベック。とりわけカオールはマルセイユに次ぎワイン造りがもたらされた歴史ある地方に位置しており、連綿と飲まれてきたワインでもあります。その骨格のしっかりとした味わいはお肉料理と非常に相性が良く、日常的に愉しむことができるおすすめのブドウ品種です。

ソムリエ:吉田 健二

ニューワールドワイン全般を得意とし、日本ソムリエ協会認定ソムリエ資格やドイツワインケナー、調理師免許など保有。


黒ワインとも呼ばれるマルベックとは?

マルベック(Malbec)はフランス南西地方のカオールを原産とするブドウ品種。カオールでマルベックから造られたワインは色が濃く、黒ワインとも称されます。またマルベックは、アルゼンチンでも広く栽培され、同国を代表する品種となっています。他にはフランスのボルドーでは補助品種として栽培されており、アンデス山脈を挟んだアルゼンチンの隣国であるチリや、スペイン、イタリア、カナダ、オーストラリア、南アフリカなどでも栽培され、補助品種として主に使用されています。
マルベックは地方によって呼び名が変わり、オーセロワ、コットなどと呼ばれることもあります。
マルベックは雹や霜などの冷害に弱く冷涼な気候が苦手で、日照量が多く温かい地域で栽培しやすいブドウ品種です。以前はフランス、特にボルドー地方でも盛んに栽培されていましたが、19世紀後半に害虫のフィロキセラによって壊滅状態になってしまった過去があるように、病害にあまり強くなく、また気候にむらのある環境下では栽培が難しいブドウ品種です。アルゼンチンのメンドーサの標高が高く、昼夜で寒暖差のある温暖で乾燥した気候や、フランス南西部のカオールの夏季に高温になる環境は、マルベック栽培に適した環境と言えます。
フランス南西地方のカオールではマルベックは黒ワインと呼ばれるように、濃く深い色が特徴的なワインを産み出しています。カオールは紀元前3世紀末から始まるガロ・ローマ時代からブドウ栽培がなされていた歴史ある土地で、中世ローマ法王が愛飲していたワインでした。カオールとはマルベックを単一で用いたものか、マルベックを70%以上使用しメルローや南西地方ピレネー地区で多く栽培されているタナを30%まで補助品種として使用したものがAOCカオールです。


マルベックの味わいの特徴と、よく合う料理

マルベックはブドウの果皮が厚く、黒に近い濃い色調のタンニンが豊富で渋みがあり、ポリフェノールが多く含まれているブドウ品種です。
フランス・南西地方のカオールは凝縮されたプルーンやブルーベリー、ブラックチェリーのニュアンスを持ち、果実味豊かで濃厚な印象を与えるワインを産み出します。
アルゼンチンのマルベックはタンニンの印象が柔らかく、スミレのような華やかな香りとなめらかな味わいが感じられるスタイルのワインに仕上がります。
また、熟成したマルベックはシダや皮の香り、鉄を感じさせるニュアンスも感じられる独特な風味を持ち、個性のある味わいを感じることができます。
アルゼンチンなどのエレガントなニュアンスのマルベックにも、濃厚で力強い味わいのカオールにも、お肉料理がとても良くマッチします。シンプルにグリルしたお肉料理に気軽に合わせることができ、バーベキューにも合わせやすいワインがマルベックです。また、スパイシーなハムやソーセージなどとも相性が良く、マルベックのタンニンや果実味と合わさるとより旨味を感じることができます。
フランス南西地方のカオールには、お肉を使ったこの地方の料理が特に合います。赤身の強い鴨の胸肉をグリルしたもの、低温の脂でじっくりと煮込んだコンフィ・ド・カナールは、カオールの豊かな味わいにぴったりです。また、白インゲン豆やガチョウや鴨肉、ソーセージや羊のお肉などを煮込んだ、南西地方やラングドックの地方料理であるカスレは、ボリュームがある素朴な味わいの料理であり、カオールのように骨格のしっかりとした深みのあるワインがよく合います。他にも仔羊のもも肉をローストしたジゴ・ダニョーと合わせるのもおすすめです。お肉の他に、セップ茸(ポルチーニ茸)をふんだんに使用した旨味たっぷりのリゾットは、少し熟成して丸みがでて、森の下草のような奥行きのある香りのカオールと素晴らしいマリアージュを見せてくれます。


おすすめのマルベック

Malbec de Cahors
マルベック ド カオール

醸造家・生産者・ワイナリー : Crocus クロッカス
品種 : マルベック100%
産地 : フランス 南西地方
特徴 : 黒に近い非常に濃い色調、熟したプルーン、ブルーベリーなど黒系果実を思わせる甘い香りにスミレなど、花のニュアンスも感じられます。タンニンは豊富、酸味は穏やかで円熟した味わいが特徴です。カオールの黒ワインと呼ばれる、濃厚な赤ワインです。

Malbec Argentino
マルベック アルヘンティーノ

醸造家・生産者・ワイナリー : Catena Zapata カテナ サパータ
品種 : マルベック100%
産地 : アルゼンチン メンドーサ州
特徴 : アルゼンチンを代表するカテナ・サパータが造るマルベックのワイン。コンフィチュールにした黒いベリーの香りに、樽熟成に由来するバニラ香が心地よく広がります。フルボディで、果実味が豊かに口中に広がり、ビッグでほんのり甘さを感じるタンニンと、長い余韻が魅力的です。

Tocao
トカオ

醸造家・生産者・ワイナリー : Clos des Fous クロ・デ・フ
品種 : マルベック78% カベルネ・ソーヴィニヨン22%
産地 : チリ ビオ・ビオ・ヴァレー
特徴 : チリ南部ビオ・ビオ・ヴァレーで造られる、マルベック主体のワイン。樹齢100年を超える古樹から収穫されるブドウを使用。凝縮感のある黒い小さな果実の香り、ユーカリやスミレの植物系の香りもとれます。しっかりとしたボディながら、フレッシュさも感じられる赤ワインです。

Malbec
マルベック

醸造家・生産者・ワイナリー : Annex Kloof アネックス・クルーフ
品種 : マルベック主体
産地 : 南アフリカ 西ケープ州 スワートランド地区
特徴 : 伝統的にフルボディの赤ワインが造られてきたスワートランド地区。濃い色調に、熟したプラムを思わせる香りです。タンニンは非常になめらかで、エレガントな酸味と良くバランスがとれた、とても上品な味わいのワインです。


太陽をたっぷりと浴びて、力強い味わいになるマルベック

爽やかな季節に外で愉しむバーベキューから冬の寒い季節に身体を温める煮込み料理まで愉しめるマルベック。幅広いお料理、特にお肉料理に合わせることができる魅力的なワインを産み出すことのできるブドウ品種です。マルベックの代表的な産地であるカオールとアルゼンチンでは味わいも異なっているので、ぜひ多様な味わいをお試しください。

関連記事