スコーン

材料 (10人前)

強力粉…280g
ベーキングパウダー…大さじ1
バター…165g
砂糖…28g
ヨーグルト…83g
塩…ひとつまみ
卵…1/2個
牛乳…少々
卵黄…1/2個

作り方

1. 強力粉、ベーキングパウダーに柔らかくしたバターを加え、手で混ぜ合わせます。
2. 砂糖、ヨーグルト、塩、卵をすべて混ぜ合わせ、1に加え、さらに手で混ぜ合わせます。
3. 2.5cmの厚さにのばし、型で抜きます。
4. 卵の黄身を牛乳でのばしたものを型に抜いた生地に塗り、180度のオーブンで25~30分焼いて出来上がりです。
※お好みでクロテッドクリームやジャムを添えてお召し上がりください。

【シェフのワンポイントアドバイス】
1. 強力粉とベーキングパウダーはあらかじめふるいにかけて、少し大きめのボウルに入れ、耳たぶほどの柔らかさのバターを加えて利き手で時折り揉むように混ぜ合わせます。 多少混ざり切らなくても次の工程で再度混ぜ合わせますので、大丈夫です。

2. 生地を一旦、冷蔵庫にて20分ほど休ませて、扱いやすくなってからおおよそ2.5㎝厚に平らに伸ばし、直径5cm位の丸い抜型で抜き揃えて、鉄板にベーキングシートを敷いてのせ、塗り黄身を塗り、焼成します。塗り黄身は薄く、垂れない程度が良いです。

3. 火力が上下調整できる場合は、下火を強めに浮き上がらせるように焼きます。 調整できない場合でも、予熱で温めた180℃のオーブンに入れれば、ベーキングパウダーの効果で浮き上がります。焼き上がりの側面が裂けるように浮き上がるのが理想です。

【よくあるご質問】

Q: バターは有塩でも構いませんか?

A: 無塩をお使いください。有塩バターは塩分含有量が多く、無塩とは仕上がりの味が大きく異なります。配合中の塩はあくまで生地の味わいを引き締める効果で、塩味のために入れているものではありません。

Q: ヨーグルトはプレーンタイプですか?

A: プレーンヨーグルトが望ましいですが、加糖タイプしかない場合はそれでも構いません。その場合でも、配合の砂糖の分量は減らさない方が良いです。

Q: ベーキングパウダーの代わりに重曹を使えますか?

A: 重曹に置き換えると苦みが出てしまいます。また作用も異なるため、ベーキングパウダーをご使用ください。

Q: 強力粉の代わりに薄力粉で代用できますか?

A: 薄力粉でも、中力粉でも代用可能です。ただし、生地の出来上がりや食感は変わります。これらの粉を代用した場合も、作り方に大きな変更はありません。

関連記事