1987年、ホテルオークラ東京開業25周年を記念し、メセナ活動の一環として開始した“ロビーコンサート25”。 以来、毎月25日に開催してまいりました。開業50周年を機に、当ホテルのメセナ活動にご賛同いただいた大友直人氏を監修に迎え、プログラムを構成しております。
2017年には、開業55周年を契機とし、企業メセナを通じて生まれた交流が豊かな未来社会の創造力となることを目指し、「Hotel Okura Tokyo Cultural Fund」を設立いたしました。ロビーコンサート会場にて皆様からお預かりした募金は当ファンドを通じ、「音楽」に特化した活動を行う団体へ寄付いたします。

©Rowland Kirishima

監修:大友 直人(指揮者)

桐朋学園大学を卒業。
22歳で楽団推薦によりNHK交響楽団を指揮してデビュー。
現在、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団音楽監督。
また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。
第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。


開催日時

2019年10月25日(金) 17:30~18:00

出演

©Marco Borggreve

吉井 瑞穂(オーボエ)
甘美な音色と豊かな音楽性で世界の聴衆を魅了する国際派オーボエ奏者。東京藝術大学入学後、渡独し、カールスルーエ音楽大学を首席で卒業。日本音楽コンクール優勝。クラウディオ・アバドに認められ、2000年からマーラー室内管弦楽団首席奏者として欧州を中心に演奏活動を行う。ソロや室内楽でも精力的な活動を展開し、テツラフ弦楽四重奏団、レイフ・オヴェ・アンスネス、マーティン・フロスト他と共演。ルツェルン祝祭管弦楽団設立メンバー。東京藝術大学非常勤講師。鎌倉市出身、在住。

曲目

マルセル・ビッチ:オーボエとピアノのためのフランス組曲
モーツァルト:オーボエ四重奏曲 ヘ長調 K. 370
マルチェッロ:オーボエ協奏曲 ニ短調

会場

オークラ プレステージタワー メインロビー(5階)

※椅子に限りがございます。

入場料

無料


今後の出演者

第396回 2019年11月25日(月)

©ノザワヒロミチ(CAPSULEOFFICE)

大関 万結(ヴァイオリン)
2000年横浜市生まれ。2013年第67回全日本学生音楽コンクール中学校の部全国大会第1位。2017年、第5回ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリン・コンクールファイナリスト。また第86回日本音楽コンクール第1位。2018年東京都知事賞受賞。これまでに、東京交響楽団、東京都交響楽団などのオーケストラと共演。桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業。2019年9月よりロームミュージックファンデーション奨学生として、ウィーン私立音楽芸術大学で研鑽を積んでいる。

第397回 2019年12月24日(火)

立教大学グリークラブ(クリスマスキャロル)
創部90年を超える伝統ある大学合唱団。オークラと関わりが深く、開業時から多くのイベントに参画。
1990年より毎年クリスマスイブには、男女混声の美しいキャロルを披露。

※内容に関しましては変更になる場合がございます。

The Okura Tokyo Cultural Fundは、メセナ活動の更なる飛躍を目指し設立した芸術・文化支援ファンドです。
皆様からの寄付も承っております。
※「Hotel Okura Tokyo Cultural Fund」は新ホテル開業に伴ない、「The Okura Tokyo Cultural Fund」に改称しました。

詳しくはこちら

お問い合わせ

営業企画部
TEL:(03)3224-6726
月~金 9:00~17:00 / 祝日を除く

関連記事