社会的責任(CSR)

  • 企業理念
  • 歴史・沿革
  • 社会的責任(CSR)
  • メセナ活動

開業以来、世界に誇る日本の国際ホテルを目指し、高品質な施設、サービスの提供により、社会の発展に努めてまいりました。
今後も新たな行動計画を策定し、お客さまとともに良い社会作りの貢献に寄与していく所存でございます。

環境への取り組み

国土交通大臣より「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」に認定

ホテルと事務所等の異種用途で構成される施設特性を活かした効率的なエネルギーシステムの構築、地域との連携も考慮した災害時の機能維持やクールスポットの形成、省CO2対策などが評価され、国土交通大臣より省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトとして認定されました。

廃棄物の分別リサイクルの徹底化

社内で発生する全廃棄物に関して、分別を徹底化しています。

リサイクル用品の利用を促進

紙のリサイクル、紙使用量の削減、再生紙利用の拡大に努め、各帳票、資料の電子化を進めています。

地域への取り組み

港区の「芝地区クリーンキャンペーン ~路上喫煙ゼロのまち~」への参加(年2回)等、地域の活性化に微力ながらご協力させていただいております。

労働環境への取り組み

育児休業・時間短縮勤務

育児休業は子が3歳を迎えるまで、時間短縮勤務は子が小学校に就学するまでと、いずれも法定を上回ります。女性の育児休業取得率は100%、男性に対しても育児休業取得を促進中で、2009年以降、成果が現れ始めてきています。また、正社員に限り、未就学児を養育しない者であっても利用できる勤務時間短縮制度があります。会社が認める理由であれば誰でも利用でき、1日最大3.5時間までの勤務時間短縮または、1週間で最大2日までの勤務日数短縮を申請することができます。
産休・育休中の社員への健康診断の実施など、休職者の環境整備にも取り組んでいます。

託児所の利用

徒歩圏内の託児所と提携しておりますので、お子様を預けて勤務にあたることが可能です。

「ヘルプライン」の設置

従業員の悩みや苦情、疑問を受けつける相談窓口を設置し、快適な職場環境作りを目指します。
男性スタッフが対応するヘルプライン、女性スタッフが対応するヘルプラインFを設置しており、従業員は自身で選択し相談することができます。ヒアリングシートの定期的な配布・回収、投函箱の設置、ハラスメント研修の開催など、小さな芽を摘む取り組みを継続しています。

委員会の設置

内部統制委員会

各委員会の活動計画と実施状況を統括し、法令順守と企業価値の向上に努めています。

情報セキュリティ委員会

企業情報、個人情報の取り扱い等、社内において重要な問題の把握、対策を検討しています。

コンプライアンス委員会

関連規定の審議・策定、及び周知・啓蒙・予防活動、情報の収集、相談窓口の運営、遵守状況の調査・検証および措置等を実施すべく取り組んでおります。

危機管理委員会

BCP(事業継続計画)を基本とした、平常時に行うべき活動の立案と運用体制の見直しを行っています。

防犯防災委員会

災害避難訓練や、防災に向けた検討を行う為の全社会議を定例化しています。

労働安全衛生委員会

業界団体の指針、安全衛生のノウハウ継承、社内独自システムの構築・運用を図る為に実施しています。

食品衛生管理委員会

食品の安全と品質に関する理解促進の為、各部の取り組みを報告しています。